業務案内

橋梁下部工編

No.4 杭頭ハツリ~躯体柱部鉄筋組立検査

下部工工事(リバース式場所打杭~躯体):木更津市内

17.杭頭ハツリ後状況

スライム処理(最終)

フーチングと連結させるために鉄筋をむき出しにします。

18.杭偏心確認

コンクリート品質管理試験

大きな変位があった場合は、支持力配分の構造計算を見直します。

19.フーチング下面配筋確認

生コン打設(トレミー工法)

鉄筋の本数、配列、鉄筋径、ラップ長の確認 を行います。

20.フーチング上面配筋確認(型枠設置)

ここまでの現場風景

型枠は、膨れ、ゆがみ、崩壊の無いようしっ かりと控えを取ります。

21.生コン打設状況(ポンプ打設)

生コン打設状況(ポンプ打設)

打設はコンクリート骨材の散乱が無いよう低位置から打設し、バイブレーターによりしっかり締固めます。

22.フーチング完成(型枠脱型)

仮設工(締め切り鋼矢板①)

表面に異常なくラック、ジャンカ等が無いか含めて確認します。

23.躯体柱(1)部鉄筋組立検査

仮設工(締め切り鋼矢板②)

組立及び鉄筋の継手方法などが適切に行われているかを確認します。

24.生コン打設状況(ポンプ打設)

締め切り内堀削状況

コンクリート打設は、仮桟橋上からポンプ車打設で行いました。