業務案内

材料試験

材料試験の公的機関での実施について

千葉県、市町村、公社等が発注する建設工事における下記試験項目は、千葉県土木工事施工管理基準に「(公財)千葉県建設技術センター等公的機関で行うこと。」と明記されていますので、ご利用をお願いいたします。

1.アスファルト

試験基準 同一配合の混合物2,000㎡以上の場合は、2,000㎡に1回の割合
試験項目
及び数量
密度試験(3個)
抽出試験(アスファルト量・粒度)  (3個)

2.コンクリートの圧縮

試験基準 同一強度の使用量が150m3以上の場合は、150m3に1回の 割合(港湾・漁港工事では1日の打設量が450m3以上の場合 は、450m3ごとに1回行う。)
試験項目
及び数量
圧縮試験(材令 7日) (3本)
圧縮試験(材令28日) (3本)

3.コンクリートの曲げ

試験基準 コンクリート舗装の場合に適用し、同一強度の使用量が150m3 以上の場合は、150m3に1回の割合
試験項目
及び数量
曲げ試験(材令28日) (3本)

4.ガス圧接

試験基準 1工事当たりの使用総量が10t以上
試験項目
及び数量
圧接引張試験(規格別に各々3本)

5.捨石工

試験基準 使用量が500m3を超える場合
試験項目
及び数量
割ぐり石の品質試験 (圧縮・比重・吸水率) (3本)

6.固結工

試験基準 改良体が500本以上の場合は500本に1本の割合
試験項目
及び数量
土の一軸圧縮試験(1本の改良体について、上、中、下それぞれ3個の計9個)

千葉県、市町村等が発注する建築工事においても、建築工事仕様書に「コンクリート圧縮試験及び鉄筋の引張等試験については、 (公財)千葉県建設技術センター等の試験機関で実施すること。」と明記されておりますので、 ご利用をお願いします。